everyday life/日常

everyday life/日常 · 2020/01/15
 ご無沙汰してしまいました。前回、娘の熱のことを書いたのですが、結局夜になると熱が出るというのを二週間ほど引きずり、正月明け、レントゲンを撮ってもらったら、どうやらマイコプラズマという肺炎だろうという診断でした。  もらった抗生剤も、今日でおしまい。ようやく通常に戻ります。...
everyday life/日常 · 2019/12/25
One of our daughters had a fever yesterday, resulting in higher than 105 F even after taking a pain killer. I took her to the clinic already but needed to call a doctor in the midst of night, which I tried for the first time FastDOCTOR. If you live in central Tokyo, Kanagawa, or Osaka, there is this service available. I had a doctor visit us 2 hours after I contacted, 12am, and she checked our daughter's blood pressure, hear beat, and prescribed some medicine. And because she is still young, I...
everyday life/日常 · 2019/12/23
 先日、ニューヨークに住む友人と会いました。二年振りかな? 仕事で夫婦でニューヨークに移り住み、最近ようやくグリーンカードが取れたという話や、夫婦でほとんど新品のものを買わないという暮らしを聞き、刺激を受けました。...
everyday life/日常 · 2019/12/10
 さあ、舞台に続いてはコンサート情報です。スピッツのコンサートに行ってまいりました。...
everyday life/日常 · 2019/12/09
 少し前になりますが、鴻上尚史さん主宰サードステージの『地球防衛軍 苦情処理係』という舞台を観に行きました。  今年のわたしの目標は、フットワーク軽くインプットを、です。どうしても仕事ではアウトプットが求められるので、普段から情報や楽しみを取り入れることを楽しもうと思っています。この舞台も、急に思い立ち、一人で見に行ってきました。...
everyday life/日常 · 2019/11/29
I had a Thanksgiving dinner at the friends'. The American married couple are leaving Japan. They had many dishes with touches of American Thanksgiving (cornbread, mashed potatoes, pumpkin pie, and chicken, etc. -- since turkey would't have fit in their oven). It was so heartwarming and met some new interesting people too. We will miss you, D and B. But I am sure we will see each other somewhere in the world. And May Your Child Being Blessed.
everyday life/日常 · 2019/11/27
 去年夫からもらったクリスマスプレゼントは、電動歯ブラシです。リクエストしました。  これが思った以上に、気に入っています。それまでは10分かけて磨いていた歯ですが、今は1/3の時間に短縮。ですが、歯科衛生士さんには同じように「今回もきれいに磨けています」と言われ続けています。...
everyday life/日常 · 2019/11/26
 先日、保護者同士でおしゃべりする機会がありました。それまではLINEでの会話のみで、実際にお会いするのは初めての方。...
everyday life/日常 · 2019/11/14
 東北旅行に行ってきました。震災関連の仕事で女川、浪江、石巻、気仙沼などに行ったことがありますが、来年、また行きそうなので、その下見が理由の一つ。もう一つの理由は、日本のラジオ番組制作をしている元仕事仲間で南三陸によく行く人がいて、彼からいつも、人は優しいし食べ物は美味しいという話を聞いていて、いつか行ってみたいと思っていたからです。なので、今回の宿は南三陸にしました。  うち、一泊は、「美希の家」に泊まりました。こちらは、一度に1組限定のお宿です。実は、名前の由来になった娘の美希さんが南三陸の町職員で、結果的には津波で命を亡くされたご両親が営む場所。夕食と朝食時にはお客さんの横に座り、会話をするスタイル。もともとやっている漁業の話、東北や南三陸の町の話をしました。もちろん美希さんや、もう一人の娘さんのことにも話は及びました。「美希の家」を始めた理由は、美希さんを失ってから、生きているけど息をしているだけという気持ちだった状態から何とか抜け出そうとしたこと、前から町からの斡旋で学生に対して行っていた民泊体験プログラムで自分たちも救われていると感じたことをお伺いしました。部屋は2部屋、けれども2部屋あるからといって知らない人達同士を泊まらせるということはないとのこと。常に、自分たちの目の届く範囲でのやり方をしたいとおっしゃっていました。1人で泊まっても他の方が泊まらないということは、採算度外視で宿をやってらっしゃることが明白です。  子育ての話も聞き、またもや我が身を振り返り、反省するわたしです。また、絶対にお伺いしますね! それまで美恵子さん、清喜さん、お体に気をつけてくださいね。 I went to Tohoku, northern part of Japan. I have been to a few different places in the region for work including Onagawa, Namie, Ishinomaki and Kesennuma. I may go there next year so one of the reasons of this trip was to check Minamisanriku. The other reason was because I was interested in the town since one of my former radio coworkers keeps saying it's a great town with very kind people and great food. We stayed at two places. One night, we stayed at the little inn called Miki no Ie, where only one group can stay each night. They named this inn after their own daughter, Miki, who sadly lost her life when 311 tsunami hit the region. The parents would sit with you over meals enjoying conversations. We talked about their fishing business, towns of Minamisanriku and other places in Tohoku, and about Miki and their other daughter. They started to run the inn because they felt like they were just breathing after losing their daughter. When seeking how to get their lives back, they found having visitors they would time to time do through the town meaningful for them to feel saved, at the time, for the program where foreign students experience local houses in Minamisanriku. There are only two rooms and they only accept one group even there is a single person staying. They want to talk to their visitors comfortably and manage it within their capacity. It tells that they run the place not for profits. I heard how they grew their daughters, which made me think I need to consider how to deal with my own children... We will absolutely come back there! Please take care, Mieko-san and Seiki-san!
everyday life/日常 · 2019/10/30
 是枝裕和さん監督の『真実』を観てきました。相変わらず、日常を描いた作品。何か大きなことが起こるわけではないのに、目が離せない。ある種奇特ではありますが、「ただの家族」を描いている映画でした。安心して、というと語弊があるのでしょうか、でも、安心して楽しんで観ることができました。最近、瀬尾まいこさんの本にはまっているのですが、彼女の本を読んでいる時に感じる気持ちに似ています。  是枝裕和さん監督の『真実』を観てきました。相変わらず、日常を描いた作品。何か大きなことが起こるわけではないのに、目が離せない。ある種奇特ではありますが、「ただの家族」を描いている映画でした。安心して、というと語弊があるのでしょうか、でも、安心して楽しんで観ることができました。最近、瀬尾まいこさんの本にはまっているのですが、彼女の本を読んでいる時に感じる気持ちに似ています。  母でもあるわたしにとって印象的だったのは、大女優のファビエンヌを許さないと言ったリミュールが、最後に許してしまいそう、と言いながら自分の頭を母親に委ねるシーン。今はそういうことをさせてくれている娘二人ですが、何歳になってもやらせてくれるのかな? なんてことを、映画を観ながら思ってしまいました。今回も、余韻の残る是枝作品でした。大満足。 I went to see "The Truth" directed by KORE-EDA Hirokazu. It's about everyday life as usual. Nothing too spectacular happens but you cannot take your eyes off from those days. The family portrait in the movie, in a sense, is normal though it's very unique. It may be not exactly correct to use the word, but it was reassuring to watch. I've been reading SEO Maiko's books and it gives me the same kind of feeling as I read her books. One of the most impressive scenes for me, as a mother, was when Lumbar puts her head on her mothe r Fabienne's shoulder. My two daughters do it with me, but just wondered if they will still be doing it when they are as old. It left a pretty nice feeling this time too. I am glad I went to see.

さらに表示する