learning/学び

learning/学び · 2019/10/21
Advice for working mothers A: You have to be professional. You can’t expect your coworkers to let you go when everybody else is staying till midnight and you leave it. I wouldn’t want to be that kind of person. I would try to make an arrangement so that somebody else watches the kid so that I can stay with everybody till 1 AM, or give up something and do a job that allows you to go back to your kid when you need to. Because if you don’t do it right, we leave a very bad legacy for working...
learning/学び · 2019/10/20
Q: Did you find any dilemma to support your family financially? Did you ever want to change the way you worked? Did you rather pursue your career? A: If I could be a full-time person, or if we could find a way that we both worked part-time, that would’ve been ideal. But then if you do that, you’re not going to be making good money, don’t you think? It’s better that one person is full-time. By the time we wanted to send Isaku to an international school, the tuition was outrageous. So it...
learning/学び · 2019/10/19
Q: How did you manage to raise your child while you worked? A: In the beginning, I stayed with my child full time. I was a full-time mother. And my husband worked. I thought it was easier to make more money in Japan at that time. I don’t know if I made a right decision. So then my husband became a full-time care taker, you know, house husband. Some people say “How do you get a job as a mother?” To me, that doesn’t work. If your job is a mother, your child is your employer. That’s it....
learning/学び · 2019/10/18
Here is the interview with my friend, Yuri Kageyama, a correspondent at Associated Press. I published this post years and years ago. Now since I am not active on that site, I decided to transplant the interview here, so that I can keep track of it. Everyone has a story to tell. After I had my first child, which is already four years ago, I decided to hear stories of those who struggled to raise a child when they had a career to pursue. With ongoing women's lowly status in workplace and low...
learning/学び · 2019/10/17
 昨日は、友人で何度か制作業を手伝ってもらったことのあるMちゃんと朝食を囲みました。なんとお財布を忘れてしまうという粗相をしながらも、仕事、家族、人生のことについてずっとしゃべっていて、気がつけば帰宅しなければならない時間! あんなにしゃべっても、まだしゃべることがある。最近は、気の合う人というのは意識がどれだけあるかという要素も大きいのだと感じます。  今回も、Mちゃんとの意見から学ぶことがあり、早速それを行動に移しました。楽しく、有意義な時間を過ごしました。  それにしても、朝食会というのもいいですね。またやろう、Mちゃん! I had breakfast with my friend, M, who is a friend of mine and has helped me on some production projects. Although I was so foolish forgetting my wallet, we kept talking about work, the families and lives till we needed to go home. There could've been more to talk about. The older, the bigger the factor how you address your life. I learned from her this time too and implemented it right away. I had fun and meaningful time with her. Breakfast meeting is quite nice. Let's do it again, my friend!
learning/学び · 2019/08/02
 先日は、複数の「職人」とお話をする機会がありました。それぞれの分野で、ひたすら、自分の技術を高めるために努力している人たちです。70歳、これからが勝負と言う人。自分は天才ではなく努力しかできないので、体力をつけて、これからの努力により天才を超えることができるかもしれないと話してくれました。またある職人は、80を超えて、体が動くうちはずっと仕事をするよと笑いました。  幾つになっても挑戦し続けるというのは、老けない秘訣でもある! と感じました。格好良い職人さんたちでした。
learning/学び · 2019/06/20
 改正児童福祉法が成立されたという新聞記事を読みました。  最近、立て続けに起こった痛ましい事件--虐待の末に子どもを殺してしまう--を受けての法律改正です。  本当に良かったと思う一方で、追い詰められる親の気持ちもわかります。周囲に頼れる人がいない場合、親は追い詰められます。地域全体での子育てが重要なのは、そこになります。...
learning/学び · 2019/04/19
 今朝、ジムで見たテレビにデザイナーのコシノヒロコさんが出演していました。もちろん今まで、お名前は知っていましたが、ご本人がしゃべる様子をきちんと見たことはありませんでした。ですが、その格好良いこと! 「恋は常にしている」、「好きになるのに年齢は関係ない」、「戦っている男の人が好き。女も戦っているけど」、「背が低い、太っている、痩せている、そういうことは関係ない。自分のキャラクター、個性をいかに出せるかがファッションでは大事」。  その揺るぎない姿勢が言葉の端々から感じられ、一気にファンになってしまいました。その中で、故・樹木希林さんのことを、哲学のある人だから魅力的、とおっしゃっていましたが、コシノヒロコさんも同じです。哲学を持っている人は本当に美しい。魅力的です。早速、彼女の本を読んでみようと思います。  我が家にはテレビがなく、普段はそれでも全くいいのですが、たまに素晴らしいインタビューやドキュメンタリーを見ると、こういうものが見られるのならテレビも悪くないなあと思います。 I saw Hiroko Koshino on TV when I was at the gym. Of course I knew who she was, but had never really saw her talking. What a gorgeous and handsome lady she is! "I'm always in love," "age doesn't matter to fall in love," "I love men fighting. Women fight too," "For fashion, being short, chubby, skinny doesn't matter. You need to show your characteristics." I could totally tell she has a strong belief and was charmed by her immediately. During the show, she described a late actress Kirin Kiki charming because she had her own philosophy. Hiroko Koshino has her philosophy definitely. People with philosophy are very beautiful and attractive. I'll read her books. I don't have TV at home and I'm totally fine with it, but if you can come across great interviews or documentaries, having TV isn't too bad, I think.
learning/学び · 2019/04/15
 いま、鴻上尚史さんの本を何冊か読んでいます。今日読んだものには、ポジティブな思考よりもネガティブな思考の方が簡単だし、ポジティブなことを22時間考えていてもネガティブなことを2時間考えたらそちらにひきずられてしまう、というようなことが書かれていました。...
learning/学び · 2019/02/21
 最近かなり忙しく、ブログの更新頻度が高くありませんが、どうぞゆっくりとお付き合いいただければ嬉しいです。  複数の制作プロジェクトが進む中、ストレスも高まってきています。特に、この人、基本的にわたしのことを信用していないな、と感じてしまう相手にはフラストレーションが溜まります。...

さらに表示する